京つう

  キレイ/健康  |  奈良県

新規登録ログインヘルプ


にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2016年04月05日

ストレスを溜めない生活

ストレス



おはようございます、吉祥ですface02



前回は、ストレスはありすぎると困るけど全くなくても困ってしまうという話をしましたね。



では、ストレスが溜まってしまった場合は、どうすることもできないのでしょうか?



そうではありませんよねface02



「ストレスを発散しましょう」という言葉は、もはや常識になっているかもしれませんね。



ストレスは溜めすぎる前にきちんと発散することが大切です。



ここで注意していただきたのが、ストレスの発散の仕方なのですが、出来るだけそのストレスの原因となったところから離れて発散をした方がいいとぼくは思います。



何のことを言っているのかというと、ストレスの原因自体のことを否定的にとらえて憂さ晴らしをするような発散方法はちょっとやめませんかということです。



そうではなくて、否定的にとらえているからストレスを感じているのにますます否定的にとらえてしまうとそのストレスから逃れることは出来なくなります。



たしかに、否定的にとらえて憂さ晴らしをしているときはストレスの発散になっているかもしれませんが、そのあとはもしかしたらこれまで以上にストレスを感じてしまうかもしれません。



では、どのようにストレスを発散させればいいのでしょうか?




つづく




吉祥整体院  

090-8756-0081

  


  • Posted by 吉祥(きちよし) at 11:00心の健康 ストレス