京つう

  キレイ/健康  |  奈良県

新規登録ログインヘルプ


にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ
にほんブログ村

2016年04月30日

人間関係 「エネルギー」

人間関係 理解 愛



おはようございます、吉祥ですface02



早いもので、もう4月も今日で終わりになりますね。



みなさんの今年のゴールデンウイークのご予定はいかがですか?



楽しいご予定を立てて、楽しい休暇をお楽しみくださいねICON64



さて、このブログで「健康」について色々書いてきましたが、今日のブログでいったん「健康」については終了となります。



最後の内容も「エネルギー」についてになってしまいました(笑)



相変わらず芸がないですねぇ~(笑)



今日の「エネルギー」は、人の思いにも「エネルギー」がこもっているという内容です。



私たちは、普段気付いていることも気付いていないことも含めてさまざまな思いにとらわれて生きているように感じます。



前にも、「何も考えない時間を作る」というブログでもお伝えしましたように、私たちは何も考えていない時間がないからです。



そして、なかでも「怒り」・「嫉妬」などの一般的に「負の感情」と言われている「エネルギー」はすさまじいようです。



人間はどうしても隣の芝生は青く見えます。



もう洗脳されているんじゃないかというくらいそのように見えます。



もしかしたら、本当に洗脳されていたりして(笑)



ですが、それと同じくらい「エネルギー」に満ちている感情があります。



いや、怒りや嫉妬の「負の感情」以上の効果がありますね、これは絶対。。。



それは何かというと「愛」です。



くっさいですよねぇ~ICON62



自覚していますので、それ以上何も言わないでください(笑)



「愛」と言っても、それは本当に幅の広いものかもしれませんね。



自分を愛すること・他人を愛すること・自然を愛すること・・・



どんなものに対しても「愛」はあるんじゃないかなぁと思います。



そして、その「愛」が相手に届いたときに初めて「愛」を向けた相手も変わってくるのかもしれませんね。



人間関係がうまくいかない時についついあの人が悪いと思ってしまいがちですが、相手から見たら自分もそうなのかもしれません。



いつぞや、誰かに言われたことがあります。



人に変わってほしいならお前がまず変われ」という言葉。



今でも頭のどこかにこの言葉が占領している部屋があって、色んなときにその部屋の扉が開いています(笑)



でも、そんなこと



簡単にできるか~ICON35ICON35




と思って、その扉の前でため息ついてますICON118





吉祥整体院  

090-8756-0081

  


  • Posted by 吉祥(きちよし) at 11:11心の健康 人間関係

    2016年04月30日

    休業日案内

    休日案内


    こんばんは、吉祥です。



    ホームページではご案内していますが、休業日の案内です。



    本日4月30(土)から5月8日(日)までゴールデンウイークと研修のため休業させていただきます。



    たいへん申し訳ありませんが、ブログも本日の昼前のブログを最後に5月15日くらいまでお休みさせていただきます。



    それでは、みなさんもよいゴールデンウイークをお過ごしください。



    いつもありがとうございますm(__)m  
    タグ :休業日案内


  • Posted by 吉祥(きちよし) at 00:00臨時休業案内

    2016年04月29日

    人間関係 「エネルギー」

    エネルギー




    おはようございます、吉祥ですface02




    今日は、「人間関係におけるエネルギー」について書きたいと思います。



    これまで、食べ物からの「エネルギー」・イメージなどの経験からの「エネルギー」について書いてきましたね。



    人間関係の「エネルギー」も、みなさんは経験していると思います。



    仕事している方には身近なことかもしれませんね。



    人間関係がいい職場には、とてもいい「エネルギー」が流れていると思いませんか?



    とても仕事がやりやすく、自分をよく見せる必要もなければ、自分を守る必要もないからです。



    反対に、人間関係が悪い職場ではいかがでしょうか?



    自分の理解者がいない状況だと色んな事に注意しないといけませんよね。



    それこそ自分を守ることに精いっぱいで仕事をする「エネルギー」が残っていないなんてこともあるかもしれません。



    家族でも同じことが言えるかもしれません。



    お互いがお互いのことを理解し合っている家族は、笑いの絶えない素晴らしい「エネルギー」に満ちた場所ではないでしょうか。



    反対に、残念ながらそうでない家族では、一緒にいるだけで息が詰まるなどの場所になっているかもしれません。



    人間関係における「エネルギー」は、自分以外の人との関係が出てきますので、とても難しく感じるかもしれません。



    相手が自分のことを尊重してくれない・わかってくれないなど色々あると思います。



    もしかすると、相手も同じことを思っているかもしれません。



    そんなときは、どうしたらいいのかわからないですよね。



    でも、きっと答えはその関係の中にあるのだと思います。



    それが何かは、その関係の中にしかないと思います。



    人間関係の「エネルギー」が心地よくないと感じる時は、一度客観的な視点に立って観てみるのもいいかもしれませんね。





    つづく




    吉祥整体院  

    090-8756-0081

      


  • Posted by 吉祥(きちよし) at 11:11心の健康 人間関係

    2016年04月28日

    イメージの世界 「エネルギー」

    エネルギー




    おはようございます、吉祥ですface02



    今日も「エネルギー」についてです。



    お気付きの方もいてはると思いますが、前回とはカテゴリーが変わっていますface02



    前回は、「身体の健康」でしたが、今日は「イメージの世界」になっています。



    「イメージ」と「エネルギー」ってどんな関係があるの?と思いますよねICON118



    じつは、とても関係があるんですよface02



    本当は、わざわざここに書かなくてもみなさんよくわかってはることなんです。



    どういうことかというと、



    誰でも楽しいときや嬉しいときは「エネルギー」が満ちた状態です。



    時間を忘れて、その楽しいことや嬉しいことをやり続けても苦でもなんでもないし、疲れなんか感じませんよねICON64



    これって、改めて考えてみるとすごく「エネルギー」が満ちている感じがしませんか?



    では、反対に



    悲しいときやつらいときはいかがでしょうか?



    同じことをしていても、まったく違ってきますよね。



    何をしていても気が乗らないので、苦しく感じ、しんどくてやりたくなくなっちゃいますよね。



    このように、そのときの精神状態によってやっていることは同じでも反応はまったく変わってきます。



    「そんなの当たり前じゃないか」と怒られてしまいそうですが、実はそんな当たり前のことに気付けないのが私たちなんです。



    それも、渦中に入れば入るほど見えなくなって気付けなくなることが多くなってくるかもしれません。



    ・今やっていることが将来の何の役に立つのかわからない


    ・こんなことをしたくて今の仕事を選んだわけじゃない


    ・とにかく今していることが嫌だ・つらい



    など、仕事でも勉強でも習い事でもなんでも言えることかもしれません。



    そんなときは、自分の人生の先にポジティブなイメージをひとつ作ってみませんかICON64



    もし、この先自分の思っているようなことが出来るかどうかはわかりません。



    しかし、人生に無駄なものはないとぼくに教えてくれた人がいます。



    いまでは、そうかもしれないと思うことが出来ます。



    なぜなら、そのしんどかった時期を体験したからこそ出会えた人や教え、仕事に出会うことが出来ているからです。



    人生は、長いです。



    人間の平均寿命はたかだか80年~90年ですが長いですよねICON118



    だから、いいこともあれば悪いこともあります。



    でも、その悪いことを体験することでいいことを体験できることもあると思います。



    すべてがそうであるかは保証することは、ぼくには出来ません。



    ぼくが書いているようなこんなブログでわかったようなことをいうなと思っている方もいらっしゃると思います。



    まだまだ、ぼくが未熟な点は否めません。



    ですが、そうであってほしいという私の願望も今日のブログでは入れさせていただいています。





    つづく




    吉祥整体院  

    090-8756-0081

      


  • Posted by 吉祥(きちよし) at 11:11イメージの世界

    2016年04月27日

    身体の健康 「エネルギー」

    エネルギー





    おはようございます、吉祥ですface02



    今日は、身体の健康から見る「エネルギー」についてです。



    一言で「エネルギー」と言ってもわかりにくいかもしれませんねicon10



    ・食べ物からとる「エネルギー」


    ・自然からもらう「エネルギー」


    ・楽しさ・嬉しさからの「エネルギー」



    など、本来は分類するものではなくて「エネルギー」は至るところに存在していて、私たちは「エネルギー」がなければ動くことは出来ません。



    専門的には解剖学などでも証明されているように、私たちは栄養素を分解したり摂取することで身体の中で「エネルギー」を作り出して筋肉を動かしたりしています。



    それほど必要不可欠な「エネルギー」は目に見えないので、「エネルギー」というと何となく胡散臭いモノにみえてしまいますよねface02



    私たちの身体にはとても精巧に作られたシステムがあります。



    みなさんも少し前から健康関連の話題によく出てくる「ミネラル」・「酵素」などという言葉を聞いたことがあると思います。



    「ミネラル」も「酵素」もお互いが作用しあって人間がエネルギーを作り出すための大切なモノです。



    以前は、食べ物の中に含まれている栄養素として摂取してきましたが、いまでは昔のように食べ物に含まれていないのでサプリなどで補わないといけなくなってきているとも言われていますよね。



    これは、一つには土に栄養素がなくなってきたことが挙げられます。



    理由は様々あると思いますが、一つの要因として衛生面が良すぎることが挙げられるかもしれません。



    きれいな状態で野菜などを販売するためには、農薬などで虫を殺したりしなければなりません。



    しかし、そうした積み重ねが野菜本来の栄養素をなくしてしまっていることが問題となっています。



    そこで、今はオーガニック野菜や無農薬野菜が注目されていますよねface02



    これだけが理由ではありませんが、野菜からとれる栄養素が減少しているのは間違いないようです。



    ということは、昔と同じようにしていては、身体が作り出す「エネルギー」も昔に比べると少なくなっているといえるかもしれません。



    ぼくは、歴史が好きで大河ドラマなどよく見てるのですが、昔の人が合戦の時にきている甲冑ってどのくらい重いんでしょうか?



    大体30㎏くらいあったようですが、そんなものを着て刀振り回してとか、よほど身体を鍛えていた証拠だと思います。



    馬に乗っていたからと言っても、それを着て馬に乗ること自体尋常じゃないですよね(笑)



    一概に比較は出来ませんが、現代人よりも昔の人の方が体力も精神力もあったのかなぁと思ってしまいます。



    もちろん、これはぼくの「イメージ」ですが(笑)




    つづく




    吉祥整体院  

    090-8756-0081

      


  • Posted by 吉祥(きちよし) at 11:11身体の健康

    2016年04月26日

    イメージの世界 「心配」

    心配




    おはようございます、吉祥ですface02



    今日は、前回の続きになります。



    前回、「心配」はまだ確定していないもので、もしかすると自分で作りだした「イメージ」なのかもしれないということをお伝えしました。



    もしそうだとすると、私たちは「起こるかどうかわからないこと」を常に「心配」していることになりますねicon10



    ここで、少しだけでいいので過去を振り返って考えてみてください。



    きっといままで、みなさんは数多くの「心配事」を経験して生きてこられたと思います。



    その中で、何回その「心配事」を実際に経験しましたか?



    おそらくですが、そんなにないのではないでしょうか。



    前にも言いましたが、ぼくはとても心配性です。



    家の鍵は閉めたのかなど細かいことから心配してしまいます。



    でも、意外と確認すると自分で思った「心配事」は起こっていません。



    むしろ、心配してなかったことで失敗していることが多いです(笑)



    ぼくからは心配するのをやめましょうとは言えません。



    ですが、まだ見ぬ未来のことを勝手に自分で「イメージ」して、そのことを心配してしまって心身の健康を損なうようになるのはとてももったいないですよね。



    出来るだけ、自分なりのでいいので「心配事」を作らないようにする方法を考えませんかface02



    「きちんと確認する」など、簡単にできることから慣れていくといいかもしれません。



    それが出来れば、言うことないんだけど。。。という声が聞こえてきそうですがicon10



    心配性の方、一緒に頑張りましょうICON64





    つづく




    吉祥整体院  

    090-8756-0081

      


  • Posted by 吉祥(きちよし) at 11:11イメージの世界

    2016年04月25日

    イメージの世界 「心配」

    心配



    おはようございます、吉祥ですface02




    ちょっと今日は、前回の続きではないのですが「心配事」についてもう少し書きたいと思います。



    人間関係にも関係しますが、今回は「心配」も「イメージ」ではないのかなという視点から書いてみようと思います。



    どういうことかというと、



    一度くらいは「心配」で眠れないなど経験したことがある人はたくさんいてはると思いますが、それは現実に起きたことを心配しているのではないのではないかということです。




    何を言っているのか伝わりにくいですよね。。。



    わかりやすく言うと、



    「心配」というのは、起きてしまった現実の出来事によって、「未来」に起こってしまうのではないかという出来事を考えているということです。





    う~ん、やっぱりわかりにくい(笑)



    もう少し、わかりやすく伝えられるか努力してみますICON118



    心配しているときは、心配している出来事が起こるかどうかわからない状態が多いのではないでしょうか。



    何らかの原因があって、そのことでなにか嫌なことが起こることがわかっている時も心配をしますが、どんなことになるのか経験上わかっている時は、私たちはある意味覚悟することが出来ます。



    ですが、何が起こるかわからない時に人はとくに心配してしまいますよね。



    このときに脳裏に浮かぶのは、わからないけど考えを巡らせ、今までの経験からどんなことになるのか妄想してしまいがちではありませんか?



    たとえば、病気に関しても、こんな症状があるということは自分で気付くことが出来ます。



    昔は、インターネットや本なども少なくて情報があまりなかったのでお医者さんに診てもらって判断を仰いでいたので、今より「心配」することは少なかったかもしれません。



    しかし、今は情報が簡単に手に入る時代となりました。



    そのせいで、病気に関しても良くも悪くも自分で判断することが出来るようになりました。

    (※その判断が正しいか間違っているかはここでは関係ありません。)



    このことは、とても便利な反面とても困ったことかもしれません。



    それは、情報が確実にあっているかどうかわからないのに判断して、「心配」して絶望してしまうかもしれないからです。



    もしかしたら自分で判断した結果、その症状とその病名が合致していたとしても、それが正解かわからないからです。



    ここでもわかるように、私たちはまだ確定していない未来のことしか「心配」していないのではないでしょうか



    そして、まだ確定していない「心配」は、もしかすると自分で作りだした「イメージ」なのかもしれませんね。





    つづく




    吉祥整体院  

    090-8756-0081

      


  • Posted by 吉祥(きちよし) at 11:11イメージの世界

    2016年04月24日

    人間関係 「心配事」

    心配事





    おはようございます、吉祥ですface02



    今日は、「心配事」をテーマに書いていきたいと思います。



    人間関係における「心配事」というと、どんなことが思い浮かびますか?



    おそらく、一番最初に出てくるのは



    「わたし、〇〇さんに嫌われてないかな」というような人から嫌われていないかどうかではないでしょうか。



    正直に言いますと、ぼくは昔イジメられていた経験があるので、特にこの「心配事」がとても大きかったです。



    とにかく誰からも嫌われたくなかったので、必殺技として「愛想笑い」を会得しました(笑)



    友達の間では、何度も「愛想笑い」がばれていたようなのでどうしようもありませんでしたが。。。ICON62



    こういった行為は、とにかく自分を守りたいという気持ちが強いということを意味すると思います。



    つまり、無意識かもしれませんが自分で自分にバリアのようなものをかけているということになるかもしれませんね。



    そして、自分で自分が傷つかないように保険をかけている状態かもしれません



    現に私はそうでした。。。



    人から嫌われるくらいなら人との関係を持ちたくないとまで思ったこともあります。



    でも、そんなこと出来るはずもないんですけどねicon10



    今では、ぼくは「人間嫌いの人間好き」というわけのわからない状態になっています(笑)



    この状態に共感してくれはる人とは、一度ご飯を食べながらゆっくり話し合いましょうICON64



    またまた、話が脱線しましたが、人から嫌われることを心配していると人の顔を見てばかりになってしまい、逆の効果をもたらしてしまうこともあるかもしれません。



    正直ばかりがいいわけでもなく、人の顔ばかり見てしまうことがいいわけでもないと思います。



    やはり、バランスなのかもしれません。



    でも、そのバランスを見極めるのって本当に難しいですよねICON62







    つづく




    吉祥整体院  

    090-8756-0081

      


  • Posted by 吉祥(きちよし) at 11:11心の健康 人間関係

    2016年04月23日

    人間関係 「日本人の特徴」





    おはようございます、吉祥ですface02



    さて、今日は前回の最後にお話していた



    みなさん何となく人と違うことに対して違和感や罪悪感のようなものを感じたことはありますかについて、お話したいと思います。



    それには、まず日本人の特徴をすこしだけ知らないといけませんねICON64



    そんなに専門的な話ではなく、とても簡単でみなさんも普段から感じていることです。



    それは、日本人はみんなが同じであることに安心感を覚える人種かもしれないということです



    協調感が強い・嫌とは言えない日本人などという言い方も出来るかもしれませんが、日本人は特にこの要素が強いように思います。



    ですが、この日本人の特徴のせいで自分の意見がはっきり言えない人もいるということです



    ぼくもそうですが、なかなかみんながそれでいいと言っていることに対して嫌だなぁと思っても反対がしにくいです(笑)



    どちらかというと、まぁぼくが我慢していればいいかと考えてしまいます。



    普段からこんなことを考えて生活している人も多いのではないでしょうか(笑)



    だからストレスもたまるのかもしれませんが。。。(笑)



    この特徴は,もちろん私たち日本人をとても友好的な人種としてくれ、日本人らしさの象徴とも言える特徴なのかもしれません。



    しかし、よい特徴だとしても行き過ぎはよくないのはみなさんもご存知の通りです。



    今の時代は、パワハラなど、昔からある問題なのかもしれませんが、特に今の時代になって問題になっています。



    もしかすると、今の日本人は戦前・戦後の時代の方たちよりも精神的に弱くなっているのかもしれません。



    それは、戦後の日本が歩んできた教育などの影響かもしれませんが、その時代その時代に合わせた特徴を作っていかないといけないのかもしれませんね。



    そうした一歩一歩の歩みが進化となって後世に残っていくのでしょうか?



    確かにこれらは自分の問題であることは間違いないかもしれませんが、今の時代にはこうした人たちもいるんだということも知っておいてもらえればと思います。



    というか、たぶん今の時代の日本人はこういった人たちが多いかもしれませんね。



    時代が変わると性質なども変わっていくのかもしれません。



    そして、そのこともよい・悪いと判断することは出来ないのかもしれませんね。





    つづく




    吉祥整体院  

    090-8756-0081

      


  • Posted by 吉祥(きちよし) at 11:11心の健康 人間関係

    2016年04月22日

    人間関係 「感情」

    暖かい感情





    おはようございます、吉祥ですface02



    前回は、いろんな「感情」は、その感じる人によって感じ方が違うということが言えるのではないかということのお話でした。



    今日は、「どうしてそう思うのか」ということについてです。



    これまで、人は自分の価値観に基づいて物事を判断しているということを何度かお伝えしてきたと思います。



    この価値観とは、自分の過去からの経験の積み重ねであるということと自分のなかにあるイメージであることもお話してきましたねICON118



    そのことを思い出しながら考えてみましょう。



    私たちは、同じ日本という国にいながら住んでいる地域などの環境が違うだけでもかなり違っていると思いませんか?



    言葉ひとつとってもまったく違いますよね。



    ぼくはずっと関西に住んでいたので関西弁はしゃべれますが、標準語は苦手です(笑)



    同じ関西でもちょっと外れたところの方言になるとわからないこともあると思います。



    会話については、もう少し先で扱っていきたいと思うので、ここではこのくらいにしておきます。



    このように、普段何気なく使っている言葉ですら環境によって変わってしまいます。



    同じように「感情」もある意味、環境で変わっていくのかもしれません。



    ですので、まったく違う過去を歩んでいる私たちは、同じ経験をしたとしてもそのときに生じる「感情」には、大きな違いではないとしても質感の違いや小さな違いがあったとしてもなんら不思議ではないのです。



    きっといろんな人の過去からの経験で物事に対する「価値観」に違いがあるということになると思います。



    ぼく個人としては、これが個性といえることもあるのではないかと思いますICON118

    (※本当に突き詰めていくと「個性」は、もっと深い意味があるのかもしれませんが。。。)




    でも、みなさん何となく人と違うことに対して違和感や罪悪感のようなものを感じたことはありませんか?



    ちなみにぼくは、そんなことを感じたことがあります(笑)



    次回は、少しだけその辺のことを書いてみたいと思います。





    つづく




    吉祥整体院  

    090-8756-0081

      


  • Posted by 吉祥(きちよし) at 11:11心の健康 人間関係