京つう

  キレイ/健康  |  奈良県

新規登録ログインヘルプ


にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2016年04月21日

人間関係 「感情」

好きという感情






おはようございます、吉祥ですface02




今日から何回かに分けて「感情」というテーマでお話していきたいと思います。



「感情」と一言で言っても色んな「感情」がありますよねface02



楽しい・嬉しい・好き・愛してる・ドキドキする・ワクワクする・・・


苦しい・悲しい・嫌い・つらい・・・



好ましい感情もあれば、そうでない感情もあります。



では、同じ出来事のなかでみんなが同じ感情を持つのでしょうか?



たとえば、「好き」という感情で考えてみましょう。



学校でも職場でもアイドル的な存在の人っていますよね。



では、本当にその人はみんなから好かれているのでしょうか?



なかには、その人には興味がない人もいるのではないでしょうか?



どうしてあんな人が好きなのっていう人を好きになる人もいますよねICON61



こういった「好きという感情の違い」は、どうして起こるのでしょうか?



それは、同じ人と接していても人によってその人に対する印象や感情が違うからということが言えるからかもしれませんね。



このことと同じようにいろんな「感情」も、その感じる人によって感じ方が違うということが言えるのではないでしょうかICON118





つづく




吉祥整体院  

090-8756-0081

  


  • Posted by 吉祥(きちよし) at 11:11心の健康 人間関係

    2016年04月20日

    人間関係 「怒り」

    怒っている人




    おはようございます、吉祥ですface02



    今日も前回のテーマと同じ「怒り」についてです。



    前回の最後で、人が怒りを感じる時はだいたい「自分が正しい」と思っていることが多いということをお話しました。



    何となくですが、みなさんにもよくよく考えたらそんな覚えありませんか?



    ぼくなんか車を運転していて、ウインカーも出さずに直角に入ってくる車を見たら、車の中で暴言はいてますよ(笑)



    このとき、暴言をはいているぼくは、確実に自分が正しいと思っています。



    だって、危なくないですか?



    運転免許センターでもそんな風には教えられていないはずですもんねicon10



    こんな風にぼくの一例を挙げましたが、なんとなく共感してもらえましたか?



    もちろん、人が怒りを感じる時はそれだけではないですが、日常のストレスにつながっている「怒り」やその人がどんな人かを判断するための「怒り」ポイントとして、大きな要因がそれではないかなと思います。



    私たちは、良くも悪くも自分の「常識」という「価値判断」を通して物事を判断します。




    これは、仕方がないというかそりゃそうでしょう。。。



    いままで生きてきた経験そのもので判断しているわけですから、それがなければ判断のしようがありません。



    でも、もし



    ・すぐに「イライラ」したくない


    ・温和な性格になりたい


    ・どうしてこんなに人にきつく言ってしまうのか後悔することが多い


    ・人間関係を円滑に進めたい



    などで、お悩みの方は、一度どんな時に自分が「イライラ」したり「怒り」を感じるのかまとめてみましょう。



    そうすると、ある何らかの共通点が出てくるかもしれません。



    その共通点が、自分のなかで常識として大切にしている何かが隠れているのかもしれませんね。






    つづく




    吉祥整体院  

    090-8756-0081

      


  • Posted by 吉祥(きちよし) at 11:11心の健康 人間関係

    2016年04月19日

    人間関係 「怒り」

    怒っている人





    おはようございます、吉祥ですface02



    今回のテーマは、「怒り」です。



    人間だれしも、どんな温厚に過ごしている人も一度は怒ったことがあるのではないかと思います。



    もし、ないよという方がいてはりましたら、手を合わせに行きたいと思いますのでご連絡ください(笑)




    さて、本題に入っていきますねICON118



    人は、どんな時に怒りますか?



    言い換えると、みなさんが「何かに怒りを感じる」ときはどんな時ですか?と言えそうですね。



    ・何回も同じことを言わせる(何回同じことを言っても直そうとしない)


    ・約束を守らない(時間にルーズなど)


    ・常識がない行動をとってばかりいる



    などなど、時間をかければかけるほど出てくるもんですね(笑)



    そして、いつの間にかイライラしてしまいそうになります。。。



    まぁ何かにつけて人を怒らせることが得意な人っていますよね。



    本人はまったくそんな風に思っていないと思うのですが、そりゃ怒るよみたいなICON62



    でも、これが意外と盲点なのですが、こんな風に人を見ている時って見ている人たちの心の中には同じ感情が発生しています。



    それは、ぼくも含めてみなさんも無意識に作って感じている感情です。



    何だと思いますか?笑



    それは、「自分が正しい」という感情です。



    この感情がなければ、そもそも人は「怒り」を感じないのではないでしょうか??





    つづく




    吉祥整体院  

    090-8756-0081

      


  • Posted by 吉祥(きちよし) at 11:11心の健康 人間関係

    2016年04月16日

    休業日案内

    こんばんは、吉祥です。



    ホームページではご案内していますが、休業日の案内です。



    明日 4月17(日)は、研修のため休業させていただきます。



    いつも皆様にはご迷惑をおかけいたします。



    ありがとうございます。  


  • Posted by 吉祥(きちよし) at 23:36臨時休業案内

    2016年04月15日

    熊本の地震を見て

    こんにちは、吉祥です。



    最近ブログの更新が止まってしまっていてごめんなさい。



    体調がとても悪くて、精神的にも肉体的にもとてもつらい1週間でした。。。



    すこしマシになってきましたので、徐々に更新していきます。




    今日のブログは、単なるぼくの思いです。




    ぼくの話はどうでもいいのですのが、みなさんもご存知のように昨日の夜から熊本で地震がありました。



    正直な話をすると、熊本で地震ってとても意外でした。



    どうしても地震と聞くと、いまだに地震がある福島の方やもともと地震が多いイメージのある関東か南海トラフが心配されている近畿というイメージがぼくにはあったからです。



    今日の朝、熊本に住んでいる芸能人のコメントにも熊本ではほとんど地震にあったことがないと言っていたくらいですから本当になかったか少なかったのだと思います。



    日本自体が、活断層の上に出来ている国だからということで地震が多い国だとは知っていましたが、今回のことで改めてそのことを思い知らされました。



    先日、近畿にいてる人はご存知だと思いますが、地震速報のけたたましい音に驚いた方は少なくないと思います。



    ぼくもそんな中の一人です。



    あの音に驚いてしまって、逆に混乱してしまうのではないかと思うくらいの音でした。



    ぼくの周りのほとんどの方もそう思っていたみたいです。



    しかし、今回のような今まで全然地震とはある意味縁遠いと思われるところでも地震が起こるという事実にとても恐怖を覚えました。



    日本全国どこで地震があっても不思議ではないということを思い知らされたからです。



    では、果たして常日頃から私たちは緊張感を持って過ごさないといけないのでしょうか?



    専門家の皆さんは、こんな時にここぞとばかりに言いたいことを言うかもしれません。



    マスコミもそうかもしれません。



    正直言って、私には命を守る行動をとってくださいという言い方も無責任のような気がしてなりません。



    こんなときこそ、どうしたらいいのか教えてほしいと思うからです。



    確かに、私たちはいざというとき自分で自分のことを守らないと誰も守ってはくれないのかもしれません。



    私も含めて日本に住んでいる以上地震とは離れることは出来ないのかもしれません。



    だとするならば、やはり常日頃から緊張感を持って過ごさないといけないということになってしまいますね。



    それが答えとして正解なのかどうかは私にはわかりません。



    自分を守るだけでいいのか・家族も守らないといけないのか・近所の方たちは?



    などと考えていくと、色々な答えがあるのではないでしょうか。



    でも、きっと実際に自分が同じ経験をするときは、思っていた行動とは違う行動をとってしまうのかもしれません。



    今の私に出来ることは、覚悟を持つことなのかもしれないと思っています。



    でも、これもどんな覚悟をもつのか、そしてはたしてこれが正解なのかどうかわかりません。






    今回の地震で犠牲になられた方のご冥福をお祈りいたします。


    今なお、地震の影響にさらされている方々も二次災害などにお気をつけください。


    私に出来ることは、本当にとても些細なことかもしれませんが、多くの方のご無事をお祈りいたします。  


  • Posted by 吉祥(きちよし) at 18:55世間話

    2016年04月13日

    人間関係 「嫉妬」





    おはようございます、吉祥ですface02



    今日は、「嫉妬」がテーマですね。



    ちなみに画像は「焼き餅(ヤキモチ)」です(笑)



    説明しなくても分かりますよねicon10



    いい画像がないかなぁと思って探していたら、なんかこれかわいいなと思って採用してみました(笑)



    と、どうでもいい話はこれくらいにしておきます。



    「嫉妬」というと、恋愛系の小説や漫画・ドラマに映画などには必ずといっていいほど描写される影のテーマですよね。



    そんなに簡単に主人公を幸せにしてなるものか~という原作者の気持ちがあるのかどうかはわかりませんが(笑)



    今ちょうど「冬のソナタ」が関西圏ではBSで再放送してますが、このドラマの中でもそういう描写があるかと思います。

    ※ぼくは見てませんが、有名なので(笑)



    さて、「嫉妬」というと、恋愛に関することだけでしょうか?



    違いますよねicon10



    「隣の芝生はなんとやら」ということわざにもあるように、他の人が持っているモノや住んでいるところ・会社・給料・出身大学などなど自分と他人を比較して羨ましがったり、自分はなんてダメなんだと落ち込んでしまうのも人間ならではのことだと思います。



    この感情は人間ならではの感情かもしれませんが、嫉妬したところで現状がいい方向に進むわけではないことも衆知の事実ですよねICON62



    それでも、やめられないのが人間なのかもしれません。



    さて、いつも誰かをうらやましいと思っているという方に、朗報になるのかどうかはわかりませんが、一つだけいいニュースがあります。



    それは、



    「そんなあなたのことをうらやましいと思っている人がこの世の中にはいる」ということです。




    どのようなことでうらやましがられているのかはわかりませんが、自分に自信がない人にも嫉妬している人はいると思います。



    そんなことないよと思われるかもしれませんが、それが本当のところです。



    人の願望には、いろんな形があると思います。



    お金持ちになりたいという願望を全員が持っているわけではないのです。



    自分が嫉妬される側の人間なのに、いつまでも人のことを嫉妬しているのもおかしな話かもしれませんね





    つづく




    吉祥整体院  

    090-8756-0081

      


  • Posted by 吉祥(きちよし) at 11:11心の健康 人間関係

    2016年04月12日

    人間関係での悩み

    人との縁



    みなさんは、「人間関係」って聞くとまず何を思い浮かべますか?



    何か始まり方が「ストレス」の時と同じになってしまいました。



    まだまだ、ぼくも工夫が足りませんね(笑)



    話を戻しますが、きっといい印象は持たれないのではないかと思います。



    では、どうして「人間関係」って聞くと、ちょっと構えてしまうんでしょうね(笑)



    もしかすると、それはテレビや本などの影響が大きいのかもしれませんね。



    こんな風に私たちは、自分の周りの環境の影響からいろんなイメージをもたらされています。



    それは、「人間関係」においても同じようなことが言えるのではないでしょうか?



    よく第一印象が大事って言いますよね。



    では、会ったばかりの人のことをどれだけその一瞬でわかるんでしょうか?



    きっとそのときに思ったことは、自分のその人に対するイメージですよね。



    人は、そのイメージが真実だと思ってしまいます。



    だから、第一印象で抱いたイメージがその人自身となって接してしまうわけですよね。



    面白いことに、



    いいイメージは下がるときは急降下のごとくすぐに下がりますが、悪いイメージは中々急上昇してくれません。



    だから第一印象は大事なのかもしれませんね。



    次回からも「嫉妬」・「怒り」・「感情」などを題材にお話していきたいと思いますface02





    つづく




    吉祥整体院  

    090-8756-0081

      


  • Posted by 吉祥(きちよし) at 11:11心の健康 人間関係

    2016年04月11日

    心の健康 「人間関係」

    人間関係





    おはようございます、吉祥ですface02



    前回まで、「ストレス」についてお話してきました。



    今回からは、「人間関係」についてお話していこうと思います。



    実は、今回お話する内容はもう決めています。



    おそらく、出てくる話の中で同じような内容になることがあるかもしれません。



    ですが、それだけ同じようなことで悩んでしまうのが私たち人間なんだと思ってください。



    ぼく自身何を書こうかと悩んで決めたのですが、どうして悩んでいることは違うのに同じような内容になるんだろうかと思いました。



    ブログを書いていくうちに気付いたことは、「同じようなことで悩んでしまうのも人間なんだ」ということです。



    今はまだ何のことを言っているのかわからないと思いますが、読んで下さっているうちに同じような気持ちになってくれはる人もいればそうでない人もいてはると思います。



    これも実は、どちらが正しいということでもないのです。



    ですので、もし自分と違うと思ってもそう思っている人がいるんだということを感じてみてくださいICON118



    もしかすると、そのことを感じただけでも人間関係は円滑になるかもしれませんよICON64



    では、次回から具体的に話を進めていきたいと思います。






    つづく




    吉祥整体院  

    090-8756-0081

      
    タグ :人間関係


  • Posted by 吉祥(きちよし) at 11:11心の健康 人間関係

    2016年04月10日

    心の健康 ストレス






    おはようございます、吉祥ですface02



    これまで一週間にわたって「ストレス」について色々書いてきました。



    いったんここで、ストレスについてのお話は終わろうと思います。



    何度も同じことを言っていますが、



    ストレスはとても私たちにとって精神的にも肉体的にもとても影響を与えます。



    しかし、なくても困るものです。



    難しいことかもしれませんが、ストレスとは仲良く付き合う自分なりの方法を見つけなければなりません。



    それが出来ると、ストレスはどんな形であっても私たちにとってとても大きなエネルギーとなって成長させてくれると思います。



    昔のことわざにもあるように、「試練は乗り越えれる人の元にしかやってこない」

    ※この言い方であってましたか(笑)



    という言葉がありますよね。



    ですので、自分なりのストレス解消法を見つけて、仲良く付き合う方法を探しましょう。



    偉そうにこんなブログを書いてますが、ぼくが一番探さないといけないような気がします(笑)



    またこのテーマでブログを書こうと思いますので、その日までこのテーマとは、とりあえず「さようなら」したいと思いますICON118






    吉祥整体院  

    090-8756-0081

      


  • Posted by 吉祥(きちよし) at 11:11心の健康 ストレス

    2016年04月09日

    どうして何も考えないことが大事なのか?

    ストレス発散



    おはようございます、吉祥ですface02



    前回のブログで「何も考えない時間を作る」ということで、人は考えることをやめられないとお伝えしました。



    実は、どうして何も考えないことが大事なのかということは、その根本にあると思っています。



    というのも、私たちがストレスになるほど考えているときというのは、どっぷりその問題の中に自分が入り込んでいる状態になっていませんか?



    もっと簡単に言うと、その問題と自分とを「同一化」しているかもしれません。



    ・その問題を放置したらこうなるのではないだろうか?


    ・その問題が解決しなかったら責任は自分にあるのでどうなってしまうのか?



    など、まだ決まっていない将来をネガティブにとらえてしまうことありませんか?



    そして、今までの人生を振り返って何回同じようなストレスを感じましたか?



    そのたびに、結果はどうでしたか?



    問題が起こった時に最悪のシナリオを考えて、そうならないようにすることはとても大切なことだと思います。



    しかし、その最悪のシナリオに自分がどっぷりつかって考えてしまうと浮かび上がってくることがとても難しくなるかもしれません。



    ですので、そのような考えしか思い浮かばない時は、いったんそのストレスの元になっている問題から自分を切り離しましょう。



    そして、客観的に自分の目線ではない目線で考えてみましょう。



    これは、最初から出来ることではないかもしれません。



    でも、色んな人がこのようなやり方を意識的か無意識的かはわかりませんがやっているとおもいますよface02



    誰かに出来ることは、自分もできるということですよねICON64





    つづく




    吉祥整体院  

    090-8756-0081

      


  • Posted by 吉祥(きちよし) at 11:11心の健康 ストレス