京つう

  キレイ/健康  |  奈良県

新規登録ログインヘルプ


にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ
にほんブログ村

2016年07月03日

臨時休業のご案内

おはようございます、吉祥です。




本日は、研修のためお休みさせていただきます。




いつもご迷惑をおかけいたしますが、宜しくお願いいたします。  


  • Posted by 吉祥(きちよし) at 11:14臨時休業案内

    2016年07月03日

    身体の健康 「股関節」

    股関節 骨盤




    おはようございます、吉祥ですface02




    今日のテーマは「股関節」です。




    「股関節」ってどのあたりのことを指すのかご存知でしょうか?




    大体知っているけど、そんなに詳しく知らないよ。


    「股関節」ってよく聞くけどそんなに大事なところなの?





    なんて思いませんか?





    これは、とんでもない間違いなんです(笑)




    「股関節」がなければ、私たちは二本足で歩くことが出来ないといっても言い過ぎではありません。




    「股関節」と「骨盤」はとても仲良しな関係で、何かというといつも一緒のいます。




    もちろん、これは比喩ですが、イメージとしてはこんなイメージで間違いないと思います。




    股関節は、形状として今回のイメージ画像でもお分かりのように骨盤と足の骨がくっついているところです。




    よく「股関節痛」という言葉を聞きませんか?




    これは、先ほどの「股関節」を形成している「骨盤」と「足の骨」の接合部に問題があって、うまくはまっていない状態になります。




    先天性の問題もありますが、ご年配の方が「股関節痛」になっている場合のほとんどの理由は、加齢に伴う骨の減少だと思います。




    なので、手術をして人工関節に変えると見違えるように楽になることもあるようです。




    でも、手術をしたすべての人がそうではないところを見ると、自分の状態をきちんと知る必要もありそうですね。




    この判断がとても難しいと思います。







    さて、ではここで今日も例のあれの説明をしましょうか(笑)





    超簡単 自己整体・・・身体の不調解消法




    足の付け根の痛みを和らげる




    この方法は、いままで紹介した「超簡単 自己整体」の中でもトップクラスに簡単ですICON64




    この自己整体も、寝ながらしてください。




    まず、寝ながら片足づつ屈伸して下さい。




    そうすると、足の付け根が痛いなぁとか違和感を感じる場所が出てくるかもしれません。

    ※このときに、痛みや違和感のある場所がなければこの自己整体をする必要はありませんface02




    次に、右足なら右手で、左足なら左手で、屈伸して痛みや違和感を感じたところに親指で痛気持ちいいくらいの力で抑え込みます。




    この状態のままで、また足を屈伸させてください。

    ※屈伸するときも親指の力は抑え込んだまま緩めないでください




    すると、何度か屈伸しているうちにその場所が柔らかくが緩んでくるのが親指に伝わってきます。




    言葉で書くととてもややこしく感じるかもしれませんが、これは本当に簡単です。




    「屈伸する→痛い所を探す→抑える→屈伸する」




    流れを簡単に書くと、これだけです(笑)




    でも、信じられないくらい効果がありますface02







    吉祥整体院では、「股関節」のハリを「お腹」と一緒に調整しながら緩めていきます。




    「股関節」や「お腹」が硬くなっているということは、「内臓」も冷えて働きが悪くなっていることも考えられるため、そちらもケアしていきます。




    まさしく、一つの症状から色んな所のケアが必要であることがわかります。




    そんなときは、優先順位を考えながら施術していくことで、身体の負担も軽くなって、改善スピードも上がると思いますICON118





    吉祥整体院は、あなたの体質改善のお手伝いをする整体院なんですねface02








    吉祥整体院  

    0743-20-0056


    初回整体 60分体験コース ¥3,000(税込)


    HP:http://ikoma-seitai.com/wp/


    今月からインターネットからも予約が出来るようになりました。

    「ネット予約サイト」
      


  • Posted by 吉祥(きちよし) at 11:11身体の健康 部位