京つう

  キレイ/健康  |  奈良県

新規登録ログインヘルプ


友だち追加

2016年11月08日

「いじめにあっているかもしれないお子さんを持つ親御さんへ」

いじめ 親子




おはようございます、吉祥ですface02




さて、まず初めにぼくの話を通して、「いじめ」についてお伝えしたいと思います。




まず、ぼくは不登校はしませんでした。




これだけは覚えています。




なぜなら、不登校をすると親に迷惑をかけると思っていたからです。




子供ながらにですけど・・・




そして、幸運にもぼくは親からはとても愛情を感じることが出来るくらい大切に育てられました。




だから、逃げ道があったんです。




記憶がないので定かではありませんが、きっと追い詰められてどうしようもないことがあったとしても、家に帰れば優しい母がいて、父がいて弟がいてという、一般的な生活がとても支えになっていたように思います。




そして、それがあったからぼくは不登校にならずに済んだんだと思います。




もちろん、「いじめ」にあっている子がみんな私と同じとは思いません。




でも、特別なことをしなくてもいいと思います。




むしろ、親に言えないで頑張っている子に、無理矢理「いじめ」にあっていることを聞き出すことをしなくてもいいのではないでしょうか?




子供はそこで、歯を食いしばって頑張っていると思うんです。




いつもと変わらず、やさしく包んであげて下さい。




間違っても突き放すのではありませんよ。。。




その子を支えながら、いざというときの逃げ道になってあげてほしいと思います。




逃げ道というのは、何かあった時に無条件で味方になってくれる存在なのかもしれません。




それを、言わなくても子供が感じられるような親子関係をぜひ築いてほしいと思います。




これは、「いじめ」にあっている子だけに言えることではないかもしれません。




ぼくは、まだ結婚もしていませんし、子供を持っているわけでもありませんから、えらそうに言える立場にはありません。




でも、子供のころを振り返ってみるとそれがあったから、そう思うことが出来たから自殺をしようとも思わなかったし、不登校もすることなく過ごせたのかなと思います。




もし、あの時、無理矢理「いじめ」にあっていることを話させられて、それはお前の気が弱いからだとかぼく自身のことを言われてたら、耐えることは出来なかったでしょう。。。




ですから、ぼくの経験を踏まえて言うと、




何があっても、親だけは子供のことを信じてあげてください。




でも、それは甘やかすのではありません。。。




この辺が難しいかもしれませんが、甘やかすのではだめなんです。




気を遣うのはもっとダメです。




子供は、そのような気持ちにはとても敏感ですから不安になります。




普通にしていてくれるだけでいいと思います。




その普通というのは、「いじめ」にあっている子供に対して、




否定することも、肯定することもなく、ただそのままの自分でいいという気持ちで普通に接する感じ




が一番近いかもしれません。




とても難しいことを言っているかもしれません。




そして、正直こうすることが子供のためになっているかもわかりません。




ただ、ぼくは記憶はありませんが、こうやって普通に生きていることが出来ています。





参考になるのかどうかはわかりませんが、私にとってはこれでよかったと思っています。







つづく


吉祥整体院  

0743-20-0056 

090-8756-0081(携帯)


吉祥整体院ホームページ 
  


  • Posted by 吉祥(きちよし) at 11:11答えのでない話