京つう

  キレイ/健康  |  奈良県

新規登録ログインヘルプ


にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2017年06月04日

「自分は大丈夫だと思っていませんか?」

大丈夫 無理 無茶




さて、今日から久しぶりにブログの更新ですね(笑)




長い間お休みしていてごめんなさい。




そして、整体院は今日から15日まで長期の休業をさせていただくことになったことも誠に申し訳ありません。




では、さっそく話をしていきましょうねICON118




テーマは、「自分は大丈夫だと思っていませんか?」です。




どうして、このテーマにしようと思ったのかということからお話していきますね。




とても唐突の質問なのですが、あなたはバイクや車を運転しますか?




ぼくは、ほぼ毎日のように運転していました。




過去形なのは、最近はそこまで運転しなくなったからです(笑)




それでも、週4・5日は何らかの形で運転していますけどね(笑)




車の運転をしていると、本当に危ないなぁと思うことが多くなりました。




もともと思っていたことなのですが、最近特に目に入ることが増えました。




そろそろ何のことなのか話せよと思われていますよね(笑)




では、何のことかと言うと・・・「バイクが車の横をすり抜けていくことです




何だそんなことかと思う人も多いと思いますが、これって車を運転している人だとわかってもらえると思うんですけど、とても危ないんです。




特に、二車線道路で、車と車の間を通り抜けていく人がいます。




そんなはずはないと思いますが、死んでもいいと思っているのかなと思うときがあるほど危ない状況もあるんです。




ぼくはバイクには乗らないのでわかりませんが、あれはバイクに乗っている人からすると当然の行為なのでしょうか?




信号待ちしているときや渋滞しているときならいいと思うんですけど、順調に流れているときは本当に危ないと思うんです。




そして、そんなことを考えているときにふと思いました。




きっと、「自分は大丈夫」だと思っているのかなと・・・




でもね、ちょっと考えてくださいね。。。




確かに、なんだかんだ言ってもそのことが原因で事故が起きているのは少ないのかもしれません。




でも、



・車の運転手がちょっとハンドルを切ることになったら・・・



・モノが落ちていて、それをよけようとしたら・・・



・車道に自転車がいて、とっさによけようとしたら・・・





いくらでも状況は当たり前のように変化していきます。




確かにそのようなことで事故が起こった場合は車側に責任が重くなるのかもしれません。




しかし、責任云々言える状況の事故ならまだいいかもしれませんが、そのようなことを言ってられない事故に巻き込まれることだって十分に考えられます。




そんなことが起こるかもしれないなかで、「自分は大丈夫」と本当に言いきれるのでしょうか?




吉祥整体院  

0743-20-0056 

090-8756-0081(携帯)



吉祥整体院ホームページ
  


  • Posted by 吉祥(きちよし) at 00:00生き方を考える