京つう

  キレイ/健康  |  奈良県

新規登録ログインヘルプ


にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2017年06月21日

「勝手な思い込みで苦しむ②」

勝手な思い込み 苦しみ




さて、昨日は自分の勝手な思い込みや妄想で苦しむこともあるというお話でしたね。




そして、「そんなことを思っている自分を感じてあげること」・「もし自分の妄想が実現しても何とか解決出来るようにいま自分が出来ることをする」




そのことが大切だと思いませんか?という問いかけのような形で終わっていましたね。




では、今日はその続きです。




まず、どうして自分の思い込みで苦しんでいる自分のことをちゃんと感じてあげることが大切なんでしょうか?




「あ~今の自分はこんなことで悩んでいるんだなぁ」とか「こんなことになったら怖いなぁ・嫌だなぁ」と思っていることを客観的に見れるようになると気持ちが落ち着くと思いませんか?




不安な気持ちや恐怖があるときは、もれなくどっぷり自分がその思い込みや妄想の中で主役を演じているときです。




シナリオも何も決まっていない中で、主役が勝手にシナリオを演じているので、先がまったくどうなるのかわからないから不安や恐怖という感情が出てきます。




実際に重要な仕事を任されたときに周りの状況やこの先どうすればいいのかわからないことがあると、とても不安だし怖いなぁと思うことはありませんかface08




その恐怖や不安に思い込みや妄想が加わると自分にとっての最恐のシナリオが出来上がる可能性もありそうですよね。




妄想は自由自在なのであることないことすべてのことが起こりそうに思えるし、自分の中ではとてもリアルに感じられますよね。




わかります、ぼくもその状況でいる時はまさにそんな感じです。




だから、そんな風に思っている自分を客観的に外から一観客として見てあげるんです。




「あの主人公自分でシナリオもなしで勝手に演じてるけど、どうしてあんなひどい話になってるんだ」って、観客の立場から主役を演じている自分を見てみましょう。




すると、シナリオがないのだから当然ですが、ほとんどの話は主役の妄想で、実際に起こっている事実は本当は些細なことなのかもしれませんね。



もし、その妄想の原因が実は些細なことだったんだということに気付くことが出来たら気持ちもだいぶ治まって来ると思いませんかface02




さて、もう一つのことについては、長くなってしまったので明日のお話にしましょうねICON118




吉祥整体院  

0743-20-0056 

090-8756-0081(携帯)



吉祥整体院ホームページ
  


  • Posted by 吉祥(きちよし) at 00:00イメージの世界