京つう

  キレイ/健康  |  奈良県

新規登録ログインヘルプ


にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2017年06月25日

「バベルの塔」

バベルの塔




というお話を知っていますかface02




昨日のブログで話したこと関連しているのかどうかわかりませんが、ヨーロッパの聖書の中に「バベルの塔」というお話があります。




聖書を読んで理解しているわけではありませんので、間違っている所もあると思います。




また、ここで書いている内容は、宗教的な意味で書いているのではなく、あくまでコミュニケーションについてのお話の一環として書いていますので、ご理解をお願いいたします。




また、ここで読んだことをそのまま誰かにしゃべって恥をかいてもぼくは知りませんのでご注意くださいね(笑)




さて、バベルの塔というのは、まだ世界中の人たちが一つの場所にいた時代の話です。




その時代の人間は神様のいる天上界に行くために、一致団結しながら天にも届かんばかりの塔を建てようとします。




どうしてこのようなことを計画したのかぼくにはわかりませんが、言うまでもなく、この塔が「バベルの塔」と言われる塔です。




すると、神々は「人間ごときが天上界に来ようとするとは。身の程を知らん奴らだ」と思ったのかどうかはわかりませんが、烈火のごとく怒ったそうです。




そして、「バベルの塔」を壊してしまいます。

※細かいことを言うと「壊したのか」「壊れたのか」文献の記述はわからないそうですが・・・




そこで、神々はどうして人間にこのようなことが出来るのかということを考えたようです。




そこで、思い付いたことが「人間がこのようなことが出来ないように協力して何かをすることが出来ないようにしよう」ということでした。




そのために、神々は「人間を色んな地域に別れて生活するようにしたこと」と「言葉を別々にして、お互いの意志の疎通が出来ないようにした」とされています。




と、このような話なのですが、「聖書」のお話なので実際にあったことなのかどうかはぼくにはわかりません。





しかし、まったく何もないのにこのような話を書くこともないと思うので、この聖書からなにか伝えたいことがあるのかなとおもったので、今日はブログで話してみましたICON118





どうしてこのような聖書が書かれたのでしょうか?




そんなこと考えてみてもわかりませんよね(笑)





吉祥整体院  

0743-20-0056 


吉祥整体院ホームページ
  


  • Posted by 吉祥(きちよし) at 00:00人との会話