京つう

  キレイ/健康  |  奈良県

新規登録ログインヘルプ


友だち追加

2016年07月04日

身体の健康 「臀部」

お尻 骨盤 腰




おはようございます、吉祥ですface02




今日のテーマは「臀部」です。




ちなみに、「臀部」というのは専門用語で、一般的には「お尻」のことです。




すこし、整体師ぶってみました(笑)






今日は、すこし整体と関係のない話から始めます。




どうして、赤ちゃんや動物のお尻ってあんなにかわいらしく見えるんでしょうか(笑)




今日のイメージ画像のパンダもそうですよね。




大きなお尻をしているのに、とてもかわいらしく見えますICON64




さて、そんなかわいらしく見えるお尻ですが、意外なことに身体の筋肉の中でもトップクラスに大きな筋肉があります。




それは、「大殿筋(だいでんきん)」と呼ばれる筋肉です。




この筋肉は、お尻の表面にあって、お尻全体を包んで守ってくれているような筋肉です。




「大殿筋」っていうくらいだから、「中殿筋(ちゅうでんきん)」や「小殿筋(しょうでんきん)」もあるんじゃないのかと思われた方。。。




素晴らしいです、大正解ですICON59




そのほかにも「梨状筋(りじょうきん)」と呼ばれている筋肉も重要な役割をはたしています。




このように、「臀部」周りにはとてもたくさんの筋肉が付いています。




それだけ「臀部」が身体に貢献していることが大きいということが言えるのかもしれませんね。




とくに、「骨盤」と「腰」に関してはとても密接な関係があります。




ぼくが整体をしていて、腰痛を和らげるためにここを施術することはとても多いです。




普段の生活の中で「臀部」がはっているかどうかを確認することはほぼないと思います。




意外とカチカチとまではいかなくとも、「もみほぐし」をされると痛かったり、硬くなっているのがご自身でわかると思います。




そして、その状態で放置していると「慢性腰痛」の原因になることも考えられます。




これは、「仙骨(せんこつ)」のズレが関係しています。




「仙骨」というのは、背骨の最後の部分で、「お尻」の真ん中にある骨のことです。




「仙骨」がズレることで「慢性腰痛」の原因になったり、「骨盤」の歪みの原因になることがあります。




それほど、身体の中心に影響力を持った部分が「臀部」ということになります。





どうですかface02





ちょっと「お尻」に対するイメージが変わってきて、自分の「お尻」のことをなかなか頑張っているじゃないかと褒めてあげたくなりましたか(笑)




場所がデリケートな場所なので、人には触られたくないという方もいるかもしれませんね。




女性の方ならなおさらだと思います。




その気持ちはすごくよくわかりますICON118





ですので、今回の「超簡単 自己整体」は二つご紹介したいと思いますface02




超簡単 自己整体・・・身体の不調解消法




「臀部」の張っているところを和らげる




まず1つ目の方法は、超絶簡単ですが「お尻」まわりが張っている人にはとても効きます(笑)




まず、仰向けで寝ます。




次に、両手を握りこぶしの形にして「お尻」の下に、手を入れます。




後は、本能の赴くまま、痛かったり違和感のあるところに手を持っていってください。




自分の体重で絶妙な感じに圧がかかっていると思います。




おススメは布団の上でやるよりも、出来ればもう少し下がしっかりしているところでするといいかもしれません。




たとえば、畳の上とか。

※ふんわり柔らかい所ですると、手が沈んでしまうので効果がいまいち感じられないかもしれません。





その際は手が痛くなる可能性があるので、タオルを巻くなどしてくださいねICON118




・「臀部」のストレッチ




2つ目のこのストレッチは見たらすごく簡単なのですが、言葉の説明が難しいかもしれませんが、みなさん頑張ってイメージして下さいICON64




体勢は、先ほどと同じように仰向けに寝ます。

※さっきのこぶしでマッサージした後に続けて出来ますねICON118



次に、「股関節」の時にもやったように体育座りするように片足だけ山を作ります。




その山を作った足の太ももの上にもう片方の足の足首を乗せます。




すると、ちょうど足の形が4の字固めのようになると思います。




その状態が作れたら、両手で山を作っている方の足を自分の胸の方に引き寄せます。




十分「お尻」の筋肉が伸びているのを感じたら、そこで5秒くらい一旦停止してください。




体勢を戻すときは、いきなり手を離さずにゆっくり戻します。




どうでしょうか?




ちょっとわかりづらいかもしれませんが、出来るととても簡単でとても効果的なストレッチになります。




実は、このストレッチは施術の中でも使うことがありますICON118




先ほどもお話しましたが、




「慢性腰痛」のお客さまの施術ではかならず「臀部」まわりをゆるめます




多くの方は「腰」を触らなくても、これだけで「腰痛」の痛みが和らぎます。




これって、ぼくがすごいのでしょうか?




いえいえ、ぼくはただ単にちょっとだけみなさんよりも身体の仕組みを知っているだけに過ぎません(笑)




みなさんの身体を直しているのは、みなさんです。




ぼくは、単なるきっかけに過ぎず、身体が改善するためのお手伝いをしているだけです。





ですが、




このお手伝いの質によって、効果が違うことも確かだと思います。





「腰痛」で苦しんでいる方で、いままで身体全体で見てくれるところと縁がなかった方は一度ご連絡ください。




もしかしたら、ほんのすこし身体の見方を変えるだけで、今までの悩みが解消するかもしれませんよICON64








吉祥整体院  

0743-20-0056


初回整体 60分体験コース ¥3,000(税込)


HP:http://ikoma-seitai.com/wp/


今月からインターネットからも予約が出来るようになりました。

「ネット予約サイト」



  • 同じカテゴリー(身体の健康 部位)の記事画像
    身体の健康 「部位」 まとめ
    身体の健康 「腰」
    身体の健康 「足裏」
    身体の健康 「足首」
    身体の健康 「ひざ」
    身体の健康 「股関節」
    身体の健康 「骨盤」
    身体の健康 「お腹」
    身体の健康 「手首」
    身体の健康 「脇の水かき部分」
    同じカテゴリー(身体の健康 部位)の記事
     身体の健康 「部位」 まとめ (2016-07-09 11:11)
     身体の健康 「腰」 (2016-07-08 11:11)
     身体の健康 「足裏」 (2016-07-07 11:11)
     身体の健康 「足首」 (2016-07-06 11:11)
     身体の健康 「ひざ」 (2016-07-05 11:11)
     身体の健康 「股関節」 (2016-07-03 11:11)
     身体の健康 「骨盤」 (2016-07-02 11:11)
     身体の健康 「お腹」 (2016-07-01 11:11)
     身体の健康 「手首」 (2016-06-30 11:11)
     身体の健康 「脇の水かき部分」 (2016-06-29 11:11)

    Posted by 吉祥(きちよし) at 11:11 │身体の健康 部位