京つう

  キレイ/健康  |  奈良県

新規登録ログインヘルプ


友だち追加

2016年07月05日

身体の健康 「ひざ」

ひざ ひざ痛



おはようございます、吉祥ですface02




今日のテーマは「ひざ」です。




みなさんは、「ひざ」が痛いなぁと感じたことはありませんか?




今日は、いきなりなんのこっちゃな展開から始まります(笑)




「ひざ」というのは、あらためて言うまでもありませんが、身体を支えてくれていますよね。




ここで、一度足を少し曲げた状態で立ってみてください。




最初は余裕で立っていられるかもしれませんが、徐々にキツくなってきませんかICON62




身体の重心が少しずれるだけで「ひざ」にかかる負担がとても増えてしまいます。




統計によると、




歩くだけで体重の2~3倍、階段を歩くときには体重の7~8倍もの負担が「ひざ」にかかると言われています。




想像しただけで「えっface08」ってなりますよね。




それだけ「ひざ」は毎日がんばってくれているんだということですICON118




そして、この負担になぜ「ひざ」が耐えることが出来るかというと、「ひざ」の構造に秘密があります。




「ひざ」はもともと二つの骨が半月板というクッションを介して靱帯で結びつけられています。

※二つの骨とは大腿骨(太ももの骨)と脛骨のことです。




この「半月板」が「ひざ」を負担から守ってくれている正体ですface02




しかし、残念ながらずっとクッションでいてくれることはなかなか出来ないのです。




私たちが使っているクッションも年月が経つと、ふわふわして気持ちよかったのに、弾力もなくなり気持ちよさもなくなってしぼんだようになってしまいますよねICON62




「半月板」も同じような運命をたどることが多いんです。




ご年配の方の「ひざ」の痛みの原因の多くが「半月板」がすれてなくなってしまい、骨が当たっているような状態になって、そこが炎症して痛みになります。




「ひざ」の疾患として最近よく知られているのが「変形性膝関節症」ですね。




この状態になると、膝の内側が腫れてきたり、ひどいО脚の状態になることがあります。




腫れてくるのは、炎症を起こしているからです。




О脚になるのは、「ひざ」の内側に負担をかけることを本能的に避けようとすると、体重を外にかけようとするためになってしまいます。




さて、では「ひざ」を守るためにはどのようなことを心がけるといいのでしょうか?




まず、一番最初に思うことは「体重」です。




先ほどもお話しましたが、「ひざ」には体重の何倍もの負担がかかっているので、やはり体重が軽い方が「ひざ」には優しいと思います。




あとは、「ひざ」周りの筋肉をつけることです。




筋肉をしっかりつけるとそれだけ負担にも強くなります。




そして、付いた筋肉をケアしましょう。




お風呂で温めてもいいですし、ストレッチすることも効果的ですよICON118




そこで、今日は「太もも」の筋肉の筋トレとストレッチをみなさんにご紹介しようと思いますface02




超簡単 自己整体・・・身体の不調解消法



「太もも」の筋トレとストレッチ




この筋トレとストレッチはものすごく簡単です。




でも、結構きついですしストレッチは意外と効きますよ(笑)




では、まず筋トレの説明から始めます。




まず、「ひざ」を90度くらい曲げることのできる椅子に座ってください。




そして、片足づつ足がまっすぐになるまで上にあげてください。




まっすぐになるまで上げたら、その位置で3秒間止めて、ゆっくり足を元に戻します。




慣れてきて、筋肉がついて来たら止める秒数を長くしていきましょう。




と、これだけですICON66




簡単でしょICON64




ストレッチは、




両足を前に出した格好で座ります。




片足を曲げて、足裏を上に向けた状態でお尻の横に持ってきます。




その状態のまま、身体を後ろに倒します。




すると、「太もも」の前の部分がすごく伸びる感じがすると思います。




初めてする方は、無理しないで痛すぎない程度に身体が倒れるところまでにしてくださいねicon10




いつも注釈していることですが、無理だけは絶対にしないでください。





すぐに筋肉を付けることもすぐに筋肉を柔らかくすることも出来ません。




何事にも時間が必要です。




無理をすると逆効果になることの方が多いと思ってくださいICON62





「ひざ」が痛いということでご来店されるお客さまは、最近多くなってきているような気がします。




ぼくの施術を受けて、その場で痛みが和らぐかもしれません。




しかし、その状態を長く持たせるには「日頃の生活」がとても大切です




こんなことを書いたら、無責任と思われてしまうかもしれませんが、事実そうだと思います。




たとえば同じような症状のお客さまがいて、同じような施術をして症状が和らいだとします。




一人は、今までと同じような生活を送っています。



もう一人は、意識的に「ひざ」のことを考えながら生活をおくっています。




どちらの人の方が改善するかというと、意識的に生活している人の方が改善するスピードが早くなります。




これは、「ひざ」のことだけではなくすべてのことに言えます。




みなさん、ぜひとも意識的に自分の身体の状態を見てあげてくださいねICON118




そして、吉祥整体院ではどのような症状のお客さまにもそのような観点から身体をケアすることを心がけています。




一緒に身体の健康に意識を向けていきましょうICON64






吉祥整体院  

0743-20-0056


初回整体 60分体験コース ¥3,000(税込)


HP:http://ikoma-seitai.com/wp/


今月からインターネットからも予約が出来るようになりました。

「ネット予約サイト」



  • 同じカテゴリー(身体の健康 部位)の記事画像
    身体の健康 「部位」 まとめ
    身体の健康 「腰」
    身体の健康 「足裏」
    身体の健康 「足首」
    身体の健康 「臀部」
    身体の健康 「股関節」
    身体の健康 「骨盤」
    身体の健康 「お腹」
    身体の健康 「手首」
    身体の健康 「脇の水かき部分」
    同じカテゴリー(身体の健康 部位)の記事
     身体の健康 「部位」 まとめ (2016-07-09 11:11)
     身体の健康 「腰」 (2016-07-08 11:11)
     身体の健康 「足裏」 (2016-07-07 11:11)
     身体の健康 「足首」 (2016-07-06 11:11)
     身体の健康 「臀部」 (2016-07-04 11:11)
     身体の健康 「股関節」 (2016-07-03 11:11)
     身体の健康 「骨盤」 (2016-07-02 11:11)
     身体の健康 「お腹」 (2016-07-01 11:11)
     身体の健康 「手首」 (2016-06-30 11:11)
     身体の健康 「脇の水かき部分」 (2016-06-29 11:11)

    Posted by 吉祥(きちよし) at 11:11 │身体の健康 部位