京つう

  キレイ/健康  |  奈良県

新規登録ログインヘルプ


にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ
にほんブログ村

2016年08月28日

「極端な正義は悪にもなる」

正義 悪





おはようございます、吉祥ですface02




さて、今日はぞっとするような話です。




このブログは、今月の中旬くらいに書いていますが、このブログが公開されるころはまだまだ暑いでしょうからちょうどいいですよね(笑)




私たちが持っている「価値観」や「常識」の中には、通常であればとてもまともで、誰が聞いてもその通りだと思うようなものがあります。




たとえば、




・困っている人がいたら助ける


・譲り合いの精神


・人の話はきちんと聞く


・人に迷惑をかけてはいけない




などなど、どれを見ても間違ったことは言っていませんよね。




でも、もしこれらのことを極端に思っていたらどうなるでしょうか?




もしかしたら、自分の「価値観」と合わない人が許せなくなるかもしれません。




たとえば、極度に「困っている人がいれば助けなければいけない」と思っている人がいたとします。




どこかで困っている人を見つけて、周りの人が何もしないで見てみぬふりをしていることが許せなくなることがあるかもしれません。




そうなると、怒りの矛先がその見てみぬふりをしている人たちに向かうということもありえます。




また、最近の刑事ドラマを見ていると、極端に犯人のことが許せない刑事がいることが多いように思います。




犯人に家族を殺されて、犯罪自体を憎んでいて、どんな犯人も許せない・・・そんな人物像がよく描かれていますよね。




今のドラマで言うと、某刑事ドラマの横〇くんや少し前に放送されていた「無〇」というドラマの「伊〇」さんがそうだと思います。




ぼくもこの気持ちはわかります。




自分の家族が何もしていないのにいきなり犯罪に巻き込まれて命を落とすようなことになれば、同じような気持ちになるでしょう。





だから否定は出来ません。




ですが、残念ながら肯定も出来ません。




ここが、とても難しいところなのですよね。




一般的に正しいことに「価値観」を持っていても、その性質が強くなりすぎてしまうと、もしかすると間違った方向に進んでいくことになってしまうかもしれません。




そして、そうなった場合でも、果たしてそれが間違っているのかどうか判断することが出来ないような気がするんです。。。






吉祥整体院  

0743-20-0056



初回の方限定整体 60分コース ¥3,000(税込)


吉祥整体院ホームページ 



  • 同じカテゴリー(人として・・・)の記事画像
    「人としての在り方を考える」
    「バランスが大切」
    「何が正しくて、何が間違っているのか」
    「退化も成長するためには必要なのかも」
    「退化」
    「私たちは、・・・のなかで生きているのかもしれませんね」
    「イメージにとらわれない判断をするには」
    「スポンサーシップ」③
    「スポンサーシップ」②
    「スポンサーシップ」
    同じカテゴリー(人として・・・)の記事
     「人としての在り方を考える」 (2016-08-30 11:11)
     「バランスが大切」 (2016-08-29 11:11)
     「何が正しくて、何が間違っているのか」 (2016-08-27 11:11)
     「退化も成長するためには必要なのかも」 (2016-08-26 11:11)
     「退化」 (2016-08-25 11:11)
     「私たちは、・・・のなかで生きているのかもしれませんね」 (2016-08-24 11:11)
     「イメージにとらわれない判断をするには」 (2016-08-23 11:11)
     「スポンサーシップ」③ (2016-08-22 11:11)
     「スポンサーシップ」② (2016-08-21 11:11)
     「スポンサーシップ」 (2016-08-20 11:11)

    Posted by 吉祥(きちよし) at 11:11 │人として・・・